陥入爪の進行例

陥入爪(かんにゅうそう)の症状が進む例としては、まず、赤み・疼痛・腫れがでてくる炎症が起こる炎症期、爪が肉の部分に陥入していっているところに膿がたまってくる。そして、さらに、その周りの皮膚部分に炎症が広がり、肉芽ができてくる肉芽期という流れで陥入爪の症状は進みます。

爪が陥入していって痛みがでてくると、その部分の爪を切ってしまいがちですが、これをしてしまうと、さらに爪が巻き込む結果となってしまいます。

やはり、まず第一に深爪をしない。これが大切なんですね。

▲top