爪が生えるしくみ

爪は、先の白い部分、爪甲、爪半月、その奥に爪母があります。

この爪母の細胞で、爪が作られます。

そうして作られた爪が、爪甲の下の爪床にくっついて伸びていくというしくみになっています。

伸びた爪は、爪の両端が指につなぎとめられる形で、普通の爪の姿になっています。つまり、深爪によって、爪の横を切ってしまうと、本来の爪の形が保たれなくなる原因となる可能性があるわけです。

▲top