歩き方にも気をつけよう

足の爪と、歩き方には、やはり関係があります。

たとえば、つま先から着地するような歩き方になるような、踵(かかと)の高い靴を履いていたら?

つま先に歩く際の圧迫がかかってきますよね。つま先にかかるということは、足の爪にも圧迫が加わります。

すると、爪の変形や、外反母趾を招く原因となる可能性があるわけです。

では、正しい歩き方のポイントは?

  • 踵(かかと)から足を下ろす。
  • 頭上に物を載せているとイメージし、その物を落とさない感じでまっすぐに立つ。

といったポイントがあります。

▲top