巻き爪と陥入爪の違い

一般的に巻き爪といわれることが多いのですが、陥入爪(かんにゅうそう)という状態もあります。また、巻き爪は弯曲爪(わんきょくそう)ともいいます。

巻き爪は、爪が横に巻いていってしまう状態で、陥入爪は、爪の角が皮膚に刺さって炎症が起こってしまっている状態とされています。

巻き爪は、ひどくなると、まるでトランペットのように筒状に円くなってしまうこともあります。爪の横側が指の真ん中に向かって、くるっと巻き込んでいるような形です。

巻き爪は、とくに足の親指に起こりやすいとされています。なぜなら、歩くとき、一番力を入れて踏ん張るのが、足の親指だからです。踏ん張るということは、指の肉が、爪に食い込みやすくなりますよね。

陥入爪により、爪が皮膚に刺さっていると、炎症・感染の危険性があります。

巻き爪は、状態が悪化すると、爪が指に食い込んで、歩くのが困難になるほどの痛みをともなうことがあります。

歩くのが苦痛になる。ということは、歩き方にも影響を与えます。

正しい歩き方ができないと、腰痛や膝(ひざ)の痛みなど、足以外のところにも悪影響がでてくる可能性が高まります。

スポンサードリンク

▲top