病院に行く前にできる巻き爪対策

巻き爪っぽいなと思っても、そんなに痛くないから、そのままの状態という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、そのままほっておいて、状態が悪化してしまうよりは、なにか自分でできる対策をしておくとよいですよね。

一時的な処置ですが、コットンパッキングという方法があります。

スポンサードリンク

肉の部分に爪が食い込んでいっているところに、米粒ほどの大きさの乾いた綿をつめておくという方法です。痛みの緩和などの効果があります。

爪が皮膚に食い込んで痛い場合に、痛みを軽減するという効果があるというわけです。

入浴後に、このコットンパッキングを、少しずつしていく方法が一般的です。

入浴後に、綿を少しずつ爪と肉の間につめ、爪が肉にあたらないようすることで、痛くならないようにするんですね。

注意してほしいのは、綿を一度にたくさんつめすぎて、爪を割らないようにしてほしいこと。綿は少しずつつめるようにしましょう。

いつも深爪にしているという方は、白い部分を残す程度に爪を切るようにしましょう。爪を切りすぎず、伸ばしていくことで、爪が指の肉に食い込みにくくなります。

爪の切り方にも気をつけましょう。

▲top