深爪は巻き爪の原因になりやすい

巻き爪の原因の代表的なものに深爪があります。

深爪のなにが悪いかというと、その爪の切り方にあります。

深爪は、指先より爪が後退している形にまで、深く爪を切ってしまいますよね。すると、爪の先は、指の肉の部分に接することになります。

深爪にすると、爪が肉に圧迫されて曲がってくるのを支えきれず、そのまま巻いていってしまうということになります。

スポンサードリンク

足の爪は、白いところを残すようにして切るようにしましょう。

歩くときを想像してみてください。足の指のあたりにも圧力がかかっていますね。深爪だと、爪の両端が、爪の周りの肉(軟部組織)に食い込みやすくなるわけです。

赤ちゃんの爪を深爪にしていると、とくに巻き爪になりやすいといわれています。

爪はちゃんと切っておかないといけないと子供のころ教えられていた方は多いと思います。ですので、しっかりとした性格の人ほど足の爪をきれいに切るようにしていて、深爪になってしまっているかもしれませんね。

ちゃんと足の爪の手入れもしていて、定期的に切るようにしているのに、巻きつめになってしまったという方は、もしかすると深爪になるまで足の爪を切ってしまっていたのかもしれません。

きっちりとすることは大切なことですが、ほどほどにするということも意識しておいたほうがいいかもしれませんね。まじめな性格の人ほど、ついついやりすぎるということがあるのだと思います。

足の爪が巻き爪にならないように予防するための一つの心得としては、「ああなんか足の爪伸びてるな…」って感じるぐらいのときに、深爪にならないように切っておくという程度でいいのではないでしょうか?巻き爪になることが多いという方は医療機関で爪のお手入れの方法のアドバイスを聞いておくのが一番でしょう。

▲top