あわない靴、サイズの大きい靴が巻き爪の原因となることも

巻き爪は、あわない靴を履いていることなど、靴が原因となることが多いとされています。

ハイヒールなど先の細い、足の指が窮屈になってしまうような靴は、外見はよいかもしれませんが、足にあわない靴となり、巻き爪の原因となったり、足の病気の要因となったりしています。ハイヒールを日常使用する靴としていて、よく使用する場合、爪がはがれてしまったりなどのことがあるようです。

なぜ、先が細い窮屈な靴はダメなのか?

スポンサードリンク

それは、先が細いと、足の指先全体が圧迫され、爪も圧迫されることとなります。長い間、先の細い靴を履いていると、爪は横から圧迫され続け、結果、巻き爪となってしまうことがあります。

また、大きすぎるブカブカのサイズの靴も、巻き爪の原因となります。

大きすぎて自分の足にあっていない靴を履いていると、靴のなかで、足が動くことになりますよね。その際、指の先が靴にあたって、つま先に負担がかかり、爪が圧迫され、巻き爪や陥入爪の原因となっていくわけです。

サイズがあっていない、という原因のほかにも、靴紐をしめて、歩いたとき足が遊ばないようにしているかどうかというポイントもあります。

靴紐は、靴を履くときに、ちゃんと締めなおしておくとよいのです。

紐が緩んだままの靴をずっと履いていると、指先が靴にあたって、巻き爪の原因となってしまうことも考えられるのです。

▲top