不妊症治療ことはじめ TOP > 不妊治療にまつわること >  不妊治療と仕事を両立させたいとき

不妊治療と仕事を両立させたいとき

不妊治療をしながら仕事もできるのか。仕事と不妊症治療の両立を続けることができるのか。

このことに不安を持っている方は多いかと思います。

不妊治療について理解のある職場ならいいのですが、自分から不妊治療のための検査に行くから、この日は休みますとか、遅くに出勤してかまわないでしょうか...などは言いにくいものですよね。

このご時勢、あんまりにも休みがちだと、自分の仕事が、いつのまにかなくなり職場での居場所がなくなっていて肩身の狭い思いをしてしまうなんていうことにはなりたくないものです。

どのようにすれば不妊治療と仕事を両立させることができるのでしょうか。

カミングアウトはしづらい

仕事をやめずに不妊治療を続けたという方は実際におられます。なんとかなったという方や大変だったけれど両立できたという方もいれば、仕事を退職して不妊治療に望んだという方もおられるでしょう。

会社や周りの友達などに、自分が不妊治療をしていることをカミングアウトするというのは、なかなか勇気がいることかもしれません。

それで、不妊症の悩みを一人で抱え込んだりしてしまうと、仕事と不妊治療の両立どころではなくなりますよね。そんなときに、心の支えとしてインターネットの掲示板などで、同じく不妊治療をしている人々と交流をして、心の支えとしていたという方もおられるのではないでしょうか。

不妊治療と仕事の両立は大変だけれど、その大変さを掲示板で聞いてもらったり、他の人が、自分と同じような状況で治療を続けていることを読むだけでも、「私だけじゃないんだ...」と心強く思えるものです。

通院の時間をどうとるか

具体的に不妊治療と仕事を両立させていくには、やはり時間をどうとっていくかによるのでしょう。

不妊治療を行っている病院でも、朝早くからや夜19:00(午後7時)まで診察時間であったり、土日もやっていたり時間外の診察を場合によっては受け付けているところなどがあります。

そういった病院を探して自分の仕事の時間の都合と合うかどうかを考えてみて見て、通院可能かどうかを検討するといいですよね。

不妊治療をしている病院でも、自分が仕事をしている時間には、もう受付時間が終了してしまっているというケースがありえるので、検討している病院の診察時間には気をつけたいものです。

短い処置ならお昼休みに病院に行くということも考えられます。

理想は上司に不妊治療をしていることを伝えて、ある程度の融通を利かせてもらうということになるかと思います。理解ある方ならいいのですが、現実的にそうもいかないというケースもあるでしょう。

経済的に苦しい場合

退職してしまっては経済的に苦しいという場合、もし収入が落ちてもいいなら、フルタイムの仕事ではなく、パートにしてもらう 契約社員にしてもらう という形で労働時間を減らして、その分を不妊治療の通院時間に使うということも考えられます。退職してしまうよりは経済的に助かりますよね。

不妊治療と仕事を両立したいという方は、両立したい理由として、やはり経済的な理由があるのでしょう。夫の収入だけでは苦しいという方は、このまま仕事を続けながらの不妊治療をできればしたいと考えざるをえないかと思います。

しかし時間がとれない。

そうなるとパートや契約社員で週に何日かの出勤にしてもらうという希望を出してみるということも考えられます。

うまく両立させた方は

不妊治療と仕事を両立させたという方のなかには、仕事の時間で「妊娠」を忘れてリフレッシュのような感じになっていたという方もいらっしゃるようです。

思い切って退職して不妊治療に専念すれば仕事のストレスがなくなりますが、なかなか妊娠しないと、今度は「妊娠したいのになんで...」っていうストレスが出てきますよね。

そうなると、ずっと妊娠のことで思いつめてしまうということになってしまいます。

不妊治療と仕事を両立させた方のなかには、ずっと妊娠のことで思いつめないで仕事のときには、仕事のことで頭がいっぱいになるので「妊娠」のことばかり思いつめないで済んだという方もいらっしゃいます。

過度なストレスがない仕事のケースだとは思うのですが、不妊治療にうまく「仕事」を組み込むことに成功した例といえるのではないでしょうか。

最終的には個人の選択ですが

子供が欲しいと強い願いを持っているけれど、現実的に仕事を捨てるわけにはいかなくて不妊治療を諦めている方もいらっしゃるかと思います。

もちろん不妊治療をするかしないかは個人の自由です。

ですが、妊娠・出産というのは、高齢出産の例もありますが、やはり若い時のほうが良いのが現実です。高齢となってから、あのとき不妊治療をしてでも子供を生んでおけばよかったと後悔するのか、いや子供を生まないという選択でよかったと納得するのかは、あなたしだいです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お問い合わせ

お問合せ・リンクについては
のメールアドレスへご連絡ください。件名に「不妊」と入れていただけますようお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

QLOOKアクセス解析
Copyright (C) 2010 不妊症治療ことはじめ. All Rights Reserved.