不妊症治療ことはじめ TOP >  男性側について

カテゴリー: 男性側についての最近のブログ記事

男性が原因の不妊症

■男性が原因の不妊症
不妊症の原因は男性の側にあることもあります。

女性に不妊の原因があるというイメージが、まだまだ一般的かと思いますが、男性側にも原因があるケースが、およそ半分ほどにもなっているという調査があります。

ですので、男性側の不妊の要因というのも無視はできないですね。

男性不妊の原因としては...
・造精機能障害(精子形成障害ともいいます)
・精子通路障害
・性機能障害
などとなっています。

このほかにも、抗精子抗体などの免疫異常が原因となり精子の機能が低下しているという原因もあります。

上記の男性不妊のなかでも、圧倒的に多いのが造精機能障害です。男性不妊の原因の約9割を占めるとされています。

基本的な検査は精液検査です。3日ほど禁欲して、精子を採取し、顕微鏡で検査することとなります。

■造精機能障害(ぞうせいきのうしょうがい)
精巣にて精子をつくる能力が、なんらかの問題で低下していることが原因による障害です。

なぜ精子がつくられる機能に問題が生じる原因としてあげられるのは、精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)・停留睾丸などがあります。

精子の状態や形、数によって、種類があります。

無精子症・乏精子症・精子減少症・精子無力症・精子死滅症・奇形精子症などがあります。

精液の中に精子を確認できない
→無精子症

精子の数が少ない、少量しかつくられない
乏精子症・精子減少症
乏精子症のほうが精子数が少ない状態

精子数は十分に確認できるが、運動性が低い
精子無力症・精子死滅症
精子死滅症のほうが、より深刻な状態

7割以上が、正常な形態の精子でなく、奇形の精子であるとされる状態
奇形精子症

これらの造精機能障害の原因となっているのが、精索静脈瘤、停留睾丸、睾丸欠損、クラインフェルター症候群などがあるとされています。

たとえば無精子症の方に、クラインフェルター症候群という染色体異常が見つかることがあるというようなことですね。
精子減少症の治療では、漢方薬やゴナドトロピン製剤などのホルモン剤、ビタミン治療などで精子の状態を改善する方法をとるケースもあります。

精索静脈瘤とは、精巣の近く陰嚢の静脈にゆがみや拡張が起きたりして静脈瘤が発生し、血行不良となり、睾丸の温度上昇を招くことで造精機能障害となってしまいます。

睾丸は熱に弱いとされているためです。

温度上昇により精子の死を招いたり、運動力低下を引き起こすこととなります。


原因不明のケースがあり、その場合は特発性造精機能障害(とくはつせいぞうせいきのうしょうがい)といいます。

原因不明の場合、環境ホルモンが奇形の精子に関わっている、喫煙(タバコを吸う生活習慣)、ストレスなどが、可能性としての一説としてあげられることもあります。

タバコの場合は、禁煙への挑戦となります。


■性機能障害
勃起不全つまりEDなどの障害により性交不全となります。

勃起不全の原因は、ストレスや神経や血管などの障害、内分泌機能の障害などです。

なかでも過労やストレスなど心因性のものが大きな割合を占めています。

■精子の輸送路の障害

精子がつくられてはいるけれど、精子の通る道に閉鎖や狭窄などの障害があるため、精子をうまく射出できない状態。

逆行性射精・精管や射精管の欠損症・幼少期のヘルニア手術・精管切断術(パイプカット)(精管結紮術ともいいます)後・精巣上体炎・前立腺炎・精嚢炎などの要因があります。

・逆行性射精とは
射精は行うことができるが、尿道から膀胱へと精液が逆流する状態。原因は前立腺手術や糖尿病などがあり、原因不明のケースもあります。

精子を元気に強くするには、どうすればいいのでしょうか。

精子を元気にしたいという方は、医師の診断により、精子の運動率が悪かったり精子数が少なかったりということが分かったかでしょうね。

男性不妊症と診断された方のなかには、手術などの外科的な治療法ではなく薬による治療を行うことがあります。

精子を元気にするという表現が適切なのかどうかわかりませんが、一般的に言えば、男性の精子に問題があるなら、精子に元気になってもらうという方法を探しますよね。

精子が元気になるというのは、精子の数を増やしたり運動率を上げたりするということになるのではないでしょうか。


■まずは検査によって原因を、はっきりさせたい

手術が必要になるような精索静脈瘤や心理的なものが原因によるED(勃起障害)などは、精子を元気にするというよりも、その原因となっている要素を取り除くことが大切ですよね。

他にも通路障害の一つである逆行性射精の場合、射精のときの精液の量が減少するということもあります。

いずれにしろ、男性不妊の原因がなにであるか、病院で精液検査であきらかにできれば、原因を解明してから、精子の量を増加させたり運動率を上げる必要があるということでしたら、そのための対策を行うという手順を踏むと効率的ではないでしょうか。

基本は、まずは夫婦で不妊の検査を受けて原因を、はっきりさせて、適切な治療を行うことが「精子を元気にする」という目的につながることもあるのでしょう。


■しかし原因不明のケースが多い

ただ現代の生活では、精子形成に障害がある状態、造精機能に問題がある原因として「原因不明」のケースが発生しています。

こうした原因不明の精子形成障害の場合、日常生活でできることや漢方薬、ビタミン剤を飲んでみたりという方法をとることになります。

原因不明の造精機能障害を突発性造精機能障害や特発性造精子機能障害といいます。


■薬物療法

精液の状態をよくするために、ビタミンB12やビタミンE、カリクレイン、漢方薬などを用いることがあります。これらは非ホルモン剤といわれています。

ホルモン剤には、クロミフェン(クロミッド)、HMG、ブロモクリプチン(パーロデル)、テストステロンがあげられます。

こうした薬物療法を試みるという分野は医師に診断、相談などしながら決定することです。

それ以外にも、精子を元気したいと期待するために日常でできることもありますよね。


■日常でできること

たとえば、禁煙や禁酒をしてみたり、なにかしら運動をしてみるとか、いつも履いている下着を違うものに替えてみるなどのことをしている男性もおられるようです。

下着は、シューバンっていう名前のボクサータイプのブリーフが有名みたいですね。

精子を元気にしたいっていう方は、まずは日常でできる生活習慣の改善などを地道にやってみてもいいのではないでしょうか。健康に繋がることも多いですしね。

下着であれば妻からのプレゼントという形でもOKなんじゃないでしょうか。けっこう喜んでくれるかも^^

サイト内検索

お問い合わせ

お問合せ・リンクについては
のメールアドレスへご連絡ください。件名に「不妊」と入れていただけますようお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

QLOOKアクセス解析
Copyright (C) 2010 不妊症治療ことはじめ. All Rights Reserved.