卵管障害

・クラミジア感染
卵管の障害で、もっとも多い原因とされていて、増加しているのがクラミジア感染による不妊です。

クラミジアのほかにも、大腸菌・溶連菌・淋菌などの原因菌があります。

クラミジアに感染していても自覚症状がないことが多く、慢性化によって炎症が拡大し、症状を自覚して病院で診てもらうと、そこで初めて自分がクラミジアに感染していたと判明することが多々あるようです。

不正出血・腹痛・腰痛などの症状がでることもまれにあるようです。

(クラミジア感染検査キットの広告ありhttp://www.std-lab.jp/shopping/ A8)

クラミジアの感染経路は性行為と分娩時の産道感染の2つがあるとされています。

子宮頸管に感染、炎症の発生、そして子宮内膜・卵管へと炎症が広がっていきます。

卵管の炎症にとどまらず腹膜炎を起こす場合もあります。

卵管の炎症によって卵管が狭くなり、子宮外妊娠の原因となることもあります。

治療法は、男女(カップル)二人での抗生物質の服用となります。

なぜなら、たとえば女性だけが抗生物質を服用したとしても、男性がクラミジアに感染したままであれば、再感染することになりえるからです。

ですので、カップル二人が共に検査と治療を受けることが勧められています。


・卵管水腫
 卵管の中が、細菌感染によって炎症が起こり、その炎症が広がっていき卵管采に至るとラッパのように開いていた卵管采がちょっと閉じかかった状態になります。

卵管采が閉じきってしまうと水がたまってふくれてしまいます。このような状態が卵管水腫といわれています。

卵子をピックアップするための卵管采が閉じてしまうわけですから、排卵された卵子を卵管采で取り込むことが不可能になってしまうわけです。

他にも、卵管の癒着・閉塞・狭窄、卵管采の障害(小さい・ほぼない)、心因性の要因によって起こる痙攣性卵管通過障害、などなどの卵管障害による不妊があります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お問い合わせ

お問合せ・リンクについては
のメールアドレスへご連絡ください。件名に「不妊」と入れていただけますようお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

QLOOKアクセス解析
Copyright (C) 2010 不妊症治療ことはじめ. All Rights Reserved.