子宮内膜症

子宮内膜は、本来子宮の内腔で、受精卵を迎えるために、女性ホルモンの働きによって分厚くなっていきます。

そして、受精卵がこなくて妊娠しなければ、また月経期となり、出血とともに子宮内膜は体の外へとはがれおちます。

ところが子宮の内側以外腹腔内の器官で子宮内膜ができてしまうことがあります。

この状態を子宮内膜症といいます。

子宮の内腔以外と臓器で子宮内膜が発生してしまうと、通常受精卵を迎えることがなければ剥がれ落ちて対外へと排出されるはずの血液が出て行く場所がなくなり、器官の内部にたまっていくこととなってしまいます。

毎月、この状態が繰り返されることで、生理痛の悪化や、炎症、他の器官や組織との癒着を起こします。

子宮内膜症が起きやすいところは、卵巣・卵管・子宮の筋層・直腸・ダグラス窩(か)などです。

卵巣内にできるものをチョコレート嚢胞(のうほう)やチョコレート嚢腫(のうしゅ)といいます。

卵巣に血液がたまり、大きく腫れあがってしまいます。チョコレート嚢胞から排卵障害となるケースもあります。

卵管に子宮内膜起こると、卵管の癒着となり、卵管が閉塞するなどのことがあり、不妊の原因となります。

子宮の筋層に子宮内膜症が起こると、子宮腺筋症といわれる状態になるとされています。子宮筋腫との鑑別が大切となります。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お問い合わせ

お問合せ・リンクについては
のメールアドレスへご連絡ください。件名に「不妊」と入れていただけますようお願いいたします。

お気に入りに追加

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

QLOOKアクセス解析
Copyright (C) 2010 不妊症治療ことはじめ. All Rights Reserved.